MLMのリアル勧誘でADSを活用できる!?

ADSはネットを活用したMLMのシステムです。
基本的にはネットでの作業がほとんどになってくるのですが、
ADSの仕組みを逆手にとってリアルの勧誘に活かすことができます。

その方法とは・・・

友達に伝えなくていいなら、友達に伝えてあげたい

リアル勧誘をメインとしたMLMは、どうしても友達や知人を勧誘しがちです。
誘われた側も同じように自分の人脈をリストアップし勧誘していかなければならないのです。

つまり、どうしても自分の人脈から声をかけていくことになり、
それがきっかけで人間関係に亀裂が入りトラウマとなる方が多いのです。
bsPAK86_atamawokakaerudansei20131223

ADSの作業は
ネットで宣伝をする=アフィリエイトになります。

アフィリエイトをするだけで、セールスはプロにお任せすることができます。
したがって、ダウンを構築にあたって友達や知人を勧誘する必要がなくなります。
また家族に知られることなく秘密で活動するのも可能です。

友達を勧誘しなくてもいいというADSの特徴から
「ADSなら周りの友達にも伝えても嫌な顔されない!」
このように逆転の発想でADSをリアルで活かすこともできるのです。

実際の勧誘の場面

勧誘するのがAさん、勧誘を受けているのがBくん

A さん
自動ダウン構築システム(ADS)があるから、勧誘の仕方を選ぶことができるよ!
B くん
どういうこと?
A さん
私と同じようにリアルで勧誘をしてもいいし、ADSを使ってネットだけで活動してもいいよ!
B くん
リアルは苦手だし、ネットでもいいかな?
A さん
自分に合った方法を選んでくれたらいいよ!
B くん
それならやりたいな!

簡単に説明すると、このような流れで契約が決まります。
ダウンとなる人たちにリアルでもいい、ネットでもいい、と選択肢を与えてあげることができるのです。

ですが、ADSというネットで完結できるシステムを持ち合わせていないと
リアル勧誘のもしか選択肢がありません。
リアル勧誘が性に合っていない方はどうしたらいいのでしょうか?
性格はそう簡単に変えられません。

あなたはダウンに選択肢を与えられるアップラインですか?

 

自動ダウン構築システムで稼ぐ

自動ダウン構築(ADS)セミナーの詳細・申し込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今や希少種と化しているADS初期メンバーの1人。 ADS開発者の村井 祥亮氏と共に長く活動してきたのでADSについて分からないことはありません。 正直言って僕は普通のMLMは大嫌いです。 ✔リアル勧誘ありきのMLMは絶対にやりたくない! ✔アポとかめんどくさい! ✔セールス嫌だ! そんな自分にピッタリなのがADSでした。 だって人と会わなくていいんですし、副業とかビジネス興味ないって人に無理やり勧誘する必要がないんですから。 最近の悩みは、完全在宅で組織構築をしているあまり、家から出ず、結果、、、太ったこと。