ネットワーカーの成功の教科書!ネットMLM大百科更新中!

Facebookのメッセンジャーを活用してMLMの組織を拡大する方法

今回は、「Facebookのメッセンジャーを送っていく」という組織構築のやり方です。
 

これが比較的簡単です。

 

「メッセンジャーを送る」とはどういう事かというと、

そのままなんですけど、メッセージを送る、たったそれだけなんですよ。

 

メッセージにビジネス色は出さない

メッセンジャーでメッセージをとにかく送っていきます。

メッセージのやり取りをして、アポを取ったり、ウェブセミナーに誘導をしたり、LINE@などのリストを取ったりする、というものです。

 

どんなメッセージを送るか?

 

私だったらですが、

メッセージの段階では、ビジネス色をそこまで出さず、あまりクロージングに近いセールスはしません。

 

何故かというと、

受け取った側が、ブロックしたり通報したりしてしまうような不快な思いをしたら、ビジネスの提案も出来ないんじゃないかと思うからです。

 

ビジネスの話は、タイムラインに書いておくのがいいでしょう。

 

ここに、どれだけあなたが際どいトークを書けるか?

要は、セールス色をちょっと濃いめにタイムラインに書いて、その上でメッセージを送っていく。

メッセージで送る内容は、初めましてとか、仲良くなりましょう、とかシンプルなものでいいと思います。

 

レスを返したくなるような面白いメッセージ

向こうがレスを返したくなるような、突っ込みたくなるような面白いメッセージもいいかもしれません。

 

例えば一つ例をあげますと、

私のチームの子は「やっほー」と送るらしいんです。

すると、「やっほー」と返ってくるらしいんですね。

こういう人もいます。

 

これはあくまで例なので、あなたなりにテンプレートを考えて、とにかくメッセージを送るという事です。

 

アナログで一番簡単なので、分かりやすくて誰でも出来ると思います。

 

メッセンジャーでの考えられる壁

このように簡単なのですが、もちろん色々と壁もあります。

例えば、

  • メッセージを送っても一向にレスが無い。
  • 送りまくったらアカウントが凍結された。

などです。

メッセンジャーを使って成功したければ、これらの壁を乗り越える必要があります。

 

レスを返してもらうためには?

送る文章を工夫したり、タイムラインをきっちり書き込んだりして、”相手が興味を持ってもらう準備”が必要です。

 

アカウント凍結リスクの回避

アカウントが凍結されるという、Facebook側の規制に対しては、アカウントを増やす事を考えたらいいですね。

アカウントを増やしておけば、凍結リスクを避けることができます。

 

そうしたうえで、

  • 向こうが突っ込みたくなる。
  • レスを返したくなる。
  • タイムラインに興味を持つ。

そんな内容をメッセージの中にきっちり書いておく、という事ですね。

 

そこで1日何通、何十通、何百通と送る量にこだわる事が出来れば、これだけでも十分に組織が出来ます。

 

是非、あなたもチャレンジして頂ければと思います。

ネット完結MLMを可能にしたADS5を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です