ネットワーカーの成功の教科書!ネットMLM大百科更新中!

【最高タイトル必達】理想的なMLM組織作りの簡単なイメージの仕方

ネットワークビジネスをやるからには、最高タイトルを目指しますよね?

 

あなたが目指している最高タイトルのイメージって、できていますか?

 

最高タイトルに限らず、何事もイメージできていないものは実現できません。

逆に、イメージできるものは実現することができます。

 

”最高タイトル”と考えると、

・組織人数が物凄くいて

・自分は物凄いリーダーになっていて・・・

単純にそんなイメージを持つかと思います。

 

むしろ、

あまりイメージできない

こちらではないでしょうか。

 

ですが、実はとてもシンプルで簡単にイメージできるんです。

イメージできるということは、最高タイトルを実現できます。

 

同じ役割の人が1000人いてもダメ

最高タイトルを目指すには、最終的なゴールのイメージがついていないと、なかなか難しいです。

 

「最終的なゴールのイメージ」とはどんなイメージかと言うと、

例えば、1000人で最高タイトルになれるとしたら、

「1000人というのはどうやったら集まるのか」というイメージです。

 

 

1000人の組織というのは、プレゼンが打てない人が1000人いてもダメです。

 

例えるなら、バイトや平社員が1000名いて、管理者、役職者がまったくいない会社のような物です。

とても組織を言える物では無く、そんな組織なら一瞬で崩壊してしまいます。

 

やはり、B(=紹介者)の分母を増やして、A(=アドバイザー)の分母を増やして、という形でやっていかないといけません。

 

つまり、

アポを取る人をいっぱい増やして、プレゼン打つ人を増やして、トレーニングする人を増やして・・・。

そして、そのトレーニングを管理する人を増やして、セミナーの講師を増やしていってという形です。

 

ですが、ただそれぞれの人数を増やせばいいわけではなく、段階構造みたいなものがあるのです。

 

ネットワークビジネスも会社も同じ「組織」である

 

会社でいうなら、平社員がいて、係長、課長がいて、部長、役職者がいて、経営陣がいる、といった感じで、”役職”があると思います。

 

ネットワークビジネスも同じなんですね。

 

1000人で最高タイトルになれるとしたら、

「1000人の会社だったらどんな役職者の構成になっているか」と、会社の組織と同じ様に意識したらいいのです。

 

1000人だとしたら、中小企業、あるいは、そこそこの会社だと思います。

そうすると、それなりにうまく部署があって、うまく管理者がいて、ちゃんとうまく役職者が配置されていますよね。

 

これをネットワークビジネスに置き換えて考えると、

アポインターを大量に募集して、プレゼンテーター、管理者、マネージャー、そして、全てを統括するトレーナーがいて・・・。

 

そういった組織段階構造になるのですが、難しい話に感じますよね。

ですので、わかりやすく一番理想の形をお伝えします。

 

一番簡単な組織のイメージとは

例えば、3系列で最高タイトルを獲れるのなら、

まずは「自分の直紹介になる3人をどんな人にするのか?」ということを考えます。

 

この時にイメージしてほしいのは、

今のあなたと同じ能力を持つ人が3人いたとして、その3人で最高タイトルになれるか?

ということです。

これが、最高タイトルになる一番簡単なイメージです。

 

それで、

「いやちょっとまだ早いな」

という事であればまだ早いですし、

 

「いや行けるな」

ということであれば、最高タイトルへ行けます。

 

 

自分の能力を磨き自分のミラーを作る

一番の理想は、こう考えるとわかりやすいです。

 

それは、

胸を張って「俺が3人いたら成功するんだけどな」と言える自分になることです。

 

 

「鏡の法則」という言葉もありますから、やはりグループは自分の能力に比例します。

MEMO
鏡の法則とは?

「鏡の法則」とは、「私たちの人生の現実は、私たちの心の中を映し出す鏡であるという法則です。
つまり、
「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」
という考え方です。

引用元:心のマネジメント|鏡の法則とは

 

私は、「自分と同じくらい喋れる人が3人いたら成功する!最高タイトルになれる!」と思って、自分の能力を常に磨いています。

強い人をヘッドハンティングしたり、「俺みたいにやればうまくいくよ!」と普段から言ったりもしています。

 

 

なので、まずは組織の複雑な段階構造というよりも、

  • 自分のミラーを何人作るのか?
  • 自分の直紹介だけでも、自分と同じスキル位になってもらった時にどうなるのか?

というのを意識することです。

 

まずは、自分と同じ能力を持つ人を必要な系列分作っていきましょう

 

まとめ

ここまでの話をまとめると、このようになります。

 

  1. 1000人で最高タイトルになれる場合、その1000人はどのような組織構造になっているかを考える。
  2. もっと簡単に考えるなら、自分と同じ能力の人が3人いれば、その3人で最高タイトルになれるか?を考える。
  3. 行ける!と思えるなら最高タイトルへ行ける!
  4. 自分が3人いたら成功する!と言える自分になるために、自分の能力を磨き、自分のミラーを必要な系列分作る。

 

今回は全体像の簡単な話をしましたが、より細かい内容は、また別の記事でお届けできればいいなと思います。

なので、まずは自分のスキルアップを意識してください。

 

追伸:ADSを活用すればミラーづくりが容易

リアル勧誘を主としたMLMの場合、あなたが優秀でも、自分のミラーを作るのは一苦労です。

それは外見やコミュニケーション能力など真似しがたい要因が関わってくるからです。

 

それが、ネットのみで組織構築を可能にしたシステムであるADSを活用すれば、自分のミラーは比較的簡単に作れます。

なぜかというと、ネットというのは自分自身が出なくてもいいわけです。

顔出しも本名も公開しなくても活動できます。

そうなると、単純な作業量だけの問題になってきますので、ミラーが簡単なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です