MLM集客に欠かせないインスタ自動ツール【Chrome拡張】

久しぶりのカフェアポからMLMのセミナーに誘われるまでの話

こちらの記事は一般の方からのネットワークビジネス体験談の寄稿記事になります

hiro

35歳男のhiroです。

久しぶりに会った先輩からMLMのセミナーに誘われるまでの話をしますね。

 

羽振りが良くなったという元アルバイト先の先輩

もうかれこれ10年以上前の話ですが、私はマルチ商法(MLM)のセミナーに参加したことがあります。

 

ある日のことでした。
私の携帯電話に電話が鳴りました。

着信画面には、以前アルバイト先のお世話になっていた先輩の名前が表示されていました。

「久しぶり~。最近調子どう?」

それから先輩との会話が始まりました。

話によると先輩は、会社を辞めて起業をしたというのです。

そしてかなり羽振りがいいという話をしていました。

 

アルバイト時代の先輩とは明らかに変わった

「オレ、最近さ、海外旅行にはまってんだよね。先週もハワイに行っててさ。で、毎日カクテルパーティーよ。海もめっちゃきれいでさ。人生って楽しくないと意味ないよね。マジの話。」

そのような話をしている中で、久々に会って昔の話をしようということになり、私たちはカフェで会うことになりました。
以前はスーツ姿に黒髪だった先輩は、金髪でサングラスをかけていました。何だか風貌が変わったなと思いました。

「よ!久しぶり。ハワイに行って帰ってきたところでさ。でも、今日は君のために予定空けてるから、ゆっくり語ろうよ。」

私たちは喫茶店に入り、コーヒーを飲みながら昔話をしはじめました。

どうやら、先輩は健康食品関係のビジネスを立ち上げ成功したというのです。
そして妙に「成功者」「健康」というキーワードを使っていたのを思い出します。

 

「成功者」「健康」というキーワードを使いまくる先輩

「成功者って何か分かる? 世間の馬鹿な奴らはさ、 毎日通勤電車に乗ってコセコセ働くことに人生の全てを費やしてるじゃん。俺みたいな成功者からしたらさ、あいつら単なるバカなんだよ。」

私は何だか違う世界にいるような気分にもなりながら、頷きながら聞いていました。

「成功者っていうものはさ、寝てても好きなだけ懐に金が入ってくる人。分かる?でもさ、単に金を持ってれば成功者ってわけでもないんだよね。そこがポイント。何か分かる?」

分からないと答えると先輩は答えました。

「健康だよ。一に健康、二に健康。」

 

そして、先輩は日焼けした腕の袖をまくり、筋肉を膨らませて見せました。

「俺最近、バリバリ健康なんだよね。マジやばいぐらい体調がいいわけよ。こないだ、健康診断に行ったらさ、医者も看護師びっくりしてやんの。なんと、俺の肉体は18歳くらいの若さだっていうのよ。」

先輩は続けました。

「オレ、今年40だよ。マジやばくない?世間でいうオッサンがさ、18歳の若さって。だからさ、俺はバリバリ働いてバリバリ稼いでハワイとか行けるわけ。ところで、君はどうなの?」

「先輩、すごいですね。あこがれますよ。僕は先日、会社の健康診断で、少し血圧が高めとか言われましたよ。まあこれくらいは年のせいですかね。」

すると先輩は答えました。

「 君さ、 これから40年先、50年先とかのこと考えたことある? 俺らジジイになるわけじゃん。 で俺はハワイの別荘を買ってさ。きれいなネエチャンに囲まれて、毎日悠々自適に暮らしてるわけよ。で、君は、ジジイになってもバイトに追われての持病持ち。結局、ホームレスかなんかになって孤独死する。 俺には見えるね、そんな未来がさ。 君まじでやばくない?」

「そうなんですかね・・」

「 マジやばいよ。あ、そうだ。 今度、 健康のセミナーがあるんだけど行こうよ。はっきり言って10万円以上の価値があるセミナー。それがさ、今、特別キャンペーンやってんだよね。それがなんと、今だけ無料なわけさ。ん~??確か、あと一枠余ってたかな?今から予約とっとこうよ。」

話によると、先輩のお師匠さんも来るとのことで、そんなわけで 流れのままに 先輩と一緒にその健康セミナーとやらに行くことになりました。

 

管理人からの一言

管理人

絶好調な先輩(偽っている可能性あり)を目の当たりにすると、この人の言うとおりにすれば成功が待っている!と思ってしまうんでしょうね。ただ、リアル勧誘のMLMに入ってしまうと、自分も同じように勧誘していかないといけなくなるので、絶対大変でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です