ネットワーカーの成功の教科書!ネットMLM大百科更新中!

MLMはアポで断られ失敗し続ける先にこそ成功が約束されている

マインドセットについて、断られれば成功するという嘘みたいな本当の話です。

「失敗すればするほど成功し、成功者に失敗してない人はいない」

 

断られたら成功する

 

断られたら、なんで成功するのでしょうか?

 

アクションを起こすことによって断られたり失敗したりします。

その過程でいろいろな経験値がついて、次回その経験が生きてきて、成功に近づいていくということ。

 

要は、失敗しなくなってくるということです。

 

どれくらい失敗したらいいか

プレゼンやアポを取った人が、皆登録してくれたら、なんてすばらしいんでしょう・・・

 

でも、それは夢物語。

 

1000人の登録者を得たいとき、

1000人にアクションをしたら、1000人が登録してくれることなんてないです。

 

多くは、3倍・5倍・10倍のプレゼンをし、3,000アポ・5,000アポ・10,000アポとって、

そのうちの1割か3割か半分かの方が登録につながる、というのが現実です。

 

100発100中なんてないのですから、逆算して、1割・3割の人が登録するだけの人数を揃えればいいんです。

 

「何人登録してもらう」より「何人に断られるか」

わざわざ断られるためプレゼンをするわけではありませんが、断られた数だけ登録する人の数も増えていくんです。

 

対数の法則なんて言葉があります。

1件2件とか言うレベルだったら、成約率は100%か50%かっていうことが起こるわけです。

ですが、10件、100件、1000件と数をこなせばこなすほど確率論の世界に入っていきます。

 

よほど自分がおかしなことをしない限り、統計的にも契約は決まっていきます。

 

だいたい3割から、悪くても1割は契約が取れます。

ですから、あまり難しく考えないで、アポの数、分母を増やしましょう。

 

そのうえで、プレゼンなどの質を上げていくことが大切です。

 

失敗からしか成功しない

1割・3割の契約を勝ち取るには、9割・7割断られることになります。

 

断られた数の先に、成功が落ちているんです。

だから、どんどん断られてください。

 

あなたが求める壁が高ければ高いほど、人生を変えたいくらいのものを目指すのであれば、人生変わるくらい断られたり、人生変わるくらい否定されるかもしれません。

 

それほどの覚悟を持ちましょう。

 

100%は求めない

このマインドセットは、本当に大切です。

 

誰しも断られたくはないです。

 

でも、断られた先に成功があるなら、

「断られてよかった。」くらいに思えるほうがいいですよね。

 

今断られまくっているあなた。

めげることなんて全くありません。

すべてをプラスに考えてください。

 

何度も言いますが、断られた先に成功があるんです。

もっと、たくさん断られましょう。成功が近づきます。

ADSで無料でネット完結で組織構築をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です